男性

リバースエンジニアリングで永久的に保管できる

正確で効率がいい

作業員の男性

正確な計量で効率の良い製造

人間が持ち運びできる量というのは、せいぜい決まっており、1t分の水を手計量することは体力的にも厳しいものがあり、機械を利用することが普通です。そういった時には、すぐに計測できる計量器を設置しておく必要があります。大雑把な計量であると、後々不具合が検出されることが増えてくることから、しっかりとした計量環境を整えておく必要があります。計量の失敗は、大量の不良品を生むこととなり、それを支えるロードセルは製品製造成功のカギを握っているといっても過言ではないのです。今後も製造機器に合わせたロードセルの利用により、人手を極力排除した、大量製造品の正確な計量技術が進んでいくことが考えられます。

毎日の点検は必要です

こういったロードセルの機能を利用した計量を行っていくためには、機械の維持を適切に行っていく必要があります。何も起こっていない場合には、点検などしなくとも正確に稼働してくれるものですが、製造場所というのは、多くの機械が稼働していることから、常に振動が発生しています。そのため、精密な機械であるほど、影響を受けやすいものなのです。もちろん、これらを考慮して各機器は製造されていますが、絶対ではありませんので、しっかりとした点検をして、機能を維持していく必要があるのです。簡単な方法としては、基準となる分銅を準備しておき、いつも正確な値を示しているかを確認することです。これだけで、大量の製品を不良品にしてしまうリスクを排除することができます。